医療関係の情報収集はどうしてる?

医師のみなさんは自分の専門分野の疾患や治療法、またはそれ以外の情報が不足しているなと感じたことはありますか?

特に自分の専門外の知識に関しては中々情報を集める事が難しいのではないでしょうか。

定番の医師の情報収集手法としては、同僚や同級生といった医師同士のクチコミ、学会への積極的な参加、医学雑誌の購読などが挙げられると思います。

医学雑誌としては「医学中央雑誌」や「mediline」などはよく購読されているようです。


医療系情報サイトも質の高いものが増えてきた

昔に比べると医療系情報サイトも質の高いものが増えてきた印象があります。

最近では医師専用のSNSも複数台頭していて、医師同士の情報交換が活発化しているようです。

有名なのは「Whytlink」や「M3」「MedPeer」辺りでしょうか。 インターネットが普及した現代。

求人の傾向や面接対策など、転職中の医師向け情報も各段に入手しやすくなりました。
参考サイト:医師転職における面接対策

しかし入手できる情報の数が増えたということは、それだけ不正確な情報もあちこちに転がっているということです。
正確な情報を把握するためにも医師同士の情報交換は欠かさないことが重要ですね。


最近では医療系アプリの利用率が普及

そして最近では医療系アプリの利用率も上昇傾向にあります。

後ほど紹介しますが、質の高いアプリも出てきているようなので上手く使いこなすことができれば医療現場のサポートを担ってくれるはずです。